実際に浮気調査にかかる期間はどれぐらいなのか

2017年4月6日

未成年の子がいて離婚する場合、不倫していた親のほうは親権が得にくいという話が蔓延しているようです。

倫理的に言うとそうかもしれません。ただ、裁判所は違う考え方をします。

基本的に親権というのは、生活を共にしているかどうかやどれくらい育児に関心を持ち、かかわっていたか等に重点を置いて判断します。つまり、子供の生育に適した環境かが最優先で考えられているわけです。

実際に浮気調査にかかる期間はどれぐらいなのかというと、多くの場合は3~4日間です。
覚えておいていただきたいのは、これはあくまでも一般的なケースです。普段から気づかれないように気を使っているパートナーの調査だと、場合によっては1週間から1か月くらいかかってしまうこともあり得ます。
逆に、浮気する可能性の高い日がもう分かっているなら、たった1日で調査が完了してしまうこともあるのです。

浮気調査を探偵事務所に成功報酬で依頼したら損しないかと言うとケースバイケースでそうでないこともあります。成功報酬と言えば、一般的には不成功な結果となった場合、お金を払わなくても済むので依頼者は損をしなくて済むように感じます。そのため、ことさらに成功報酬制度をうたっている探偵事務所に限って、利用したいと思っている人もいるのです。
近頃はスマホを情報源として配偶者に浮気がバレてしまったというケースが増加しています。
スマホが主流となっている今、SNS履歴やメール、フリーメールあたりに配偶者の不倫の証拠が隠されていると考えるのが妥当でしょう。

肌身離さず、ロックまでかけている場合は、スマホの中は浮気のメモリアルだらけといっても良いのではないでしょうか。日々、相手の生活の様子を注意しながらみることは自分ひとりでも可能ですが、浮気の事実を決定づける証拠を押さえるためには、専門職としてノウハウを持っている探偵に頼んだ方がトラブルなく、確実に結果が得られます。
そして、探偵に頼む場合、ただ、浮気に関する調査報告をもらうだけでなく、豊富な経験にから様々なアドバイスをもらえるということも、貴重なことです。
興信所や探偵選びで迷ったら、そこで目安になるのは「地域」です。

誰しも居住地と勤務地を中心に行動するため、どの地域なのかを中心に、ネットで調べてみれば一目瞭然です。
いくつか選んだところで直接電話で相談しましょう。

ひと括りに探偵といっても結局のところ話をしてみないと、安心して任せられる業者かも判断しようもないです。

電話から最初の一歩を踏み出しましょう。不倫の行動調査を探偵に依頼した際、ときどき、金銭面で揉めたパターンもあります。

というのは、最初に出してもらった金額のほかに諸経費や高額の別料金が盛り込まれたり、あわてて契約の解除をしようにも、キャンセル料をとられることがあります。

こうしたことを避けるために、依頼前によく確認することを強くおすすめする次第です。

むこうの態度や料金説明に不審な点があったときは、別の事務所をあたることだってできるのです。
探偵の調査能力というのは、企業規模も確実に影響してきます。
全国に協業体制を持つ探偵社の場合、調査手法や機材について新しい情報を多く保有していて、他社より一歩も二歩もリードしているという良さがあります。
規模の大きなところは調査員はもちろん内勤の相談員などの教育にも積極的で当然ながら調査面にフィードバックされてくるわけです。
携帯電話をチェックしなくても、不倫をしているかは想像がつくものです。例えば、ただストレートに聞いてみるだけでいいのです。
普通のひとは何かを隠そうとしたり嘘をつくときは、やたらとハキハキ回答したがりますから、それを見るだけです。それに、ちょっと聞いただけでどんどん話を付け足していくのは怪しさ満点です。

やましいと思っているほど、黙って様子を見られるのが怖いあまり、よく喋るみたいです。目を合わせないのにチラ見するなどの様子を見れば嘘はすぐ判別がつきます。
一般的に調査会社に頼んで浮気調査をしてもらうときの料金は、リーズナブルとは言えないでしょう。
ただ、安さで依頼したところで肝心の不倫の裏付けができなければ、お金をドブに捨てるようなものです。
大事なのは調査の能力の高さですが、料金が高いほど、相応の調査能力があるかというと、実に悩ましいところです。

信頼できる探偵事務所を選びたいときには、口コミをチェックするのも有効です。
ここで重要なことは、その探偵事務所が運営するサイトに掲載されている口コミなんかではなく、全く無関係の掲示板や専門の相談用サイトに書かれているような口コミを確認するようにしましょう。
その探偵事務所の純粋な利用者による口コミは、比較にならないくらい信頼できる情報と言えます。

不倫の慰謝料の相場としては200万円前後ですが、場合によっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいになる場合もあります。
実は、離婚しなくても慰謝料の請求はできますが、金額は低いです。
さらに、不倫相手が配偶者との肉体関係を認めないときには必要なのは証拠です。
どの人からみても明らかな浮気の証拠が必要です。成功報酬と言って誤解されがちなのは、例えば、調査内容が浮気についてだった場合には、その際の調査期間が3日間だったとするとその3日間だけ浮気をしていなければ調査は成功ということになるでしょう。浮気しているのかは分からないまま、調査中に浮気が見つけられなかったら、配偶者の浮気の有無をはっきりさせることができないまま、浮気調査は終了してしまい、成果もないのに成功報酬を支払わざるを得なくなるでしょう。
配偶者の不倫行為により、離婚調停や裁判ということになれば、配偶者の不倫行為の裏付けが必要です。一例を挙げると、客観的に見て肉体的な交渉があることが判断できる手紙やメール、二人でラブホテルを利用している写真や動画、変わった例では不倫相手と交わした誓約書などがあります。
近頃ではスマホの普及でメールだけでなく、ライントークやSNSのやりとりが証拠として認められることも多くなりました。
近年は技術改良が進んで、浮気しているかもしれない人の居場所をGPSで発見できるようになったのは有難いことです。

GPS機能つきのスマホを使用させることにより、かなりの精度で今いる位置がわかるのです。
マナー的にはともかく、法律に触れることもないため、相手の不倫を自力で見つけたいときはGPSを使えば便利だと思います。
離婚を覚悟の上で、慰謝料がたくさん欲しいと考える場合、浮気現場に踏み込む方法を取ってもいいです。

そうは言っても、単独で乗り込んでしまうと、さらに揉める可能性が高いので、避けたいところです。

信頼する人に付いて行ってもらえば、感情的に喧嘩になってしまう心配もないでしょう。
信じて頼れるような人がいないなら、探偵に依頼するという方法があります。

不倫や素行調査を依頼すると費用がかかります。

気になるその決済(支払い)方法は、全国展開しているような大手だとクレジットカード払いやローンでの分割払いに対応しているところもあります。
早く浮気の証拠が欲しいけれども一括で払うのは難しいというときは、分割払い可の業者を見つけるといいのではないでしょうか。
探偵社の調査員になって5年目ですが、不倫の証拠集めには要所ごとの手際の良さと、3カン(感、観、勘)が必要です。それに、思いがけない展開でも、即応すべく、「経験に基づいた判断力」が必要です。
特に、調査対象やその周囲に不倫調査を悟られてしまうと、クライアントの利益を損なうことに繋がるため、常に細心の注意を払うことが探偵としての常識なのです。相手の不貞行為が判明した場合は、やはり頭に血がのぼってしまうかもしれません。
しかし激情が通り過ぎたあと、冷静になってきたら、その不貞行為へどう対処するかを考えるべきです。

だいたい不倫行為は、裁判での離婚理由にもなる「不貞行為」なのですから、あなたの胸の内では慰めにならないかもしれませんが、あなたが苦しんだ分の慰謝料は、請求しましょう。

里帰りや同窓会など、再会のシーズンは要注意。

既婚者同士の恋愛に発展するケースが多いことが知られています。
なんとなく憧れていた異性と打ち解けて話せたり、元クラスメイトということで異性に対する警戒心が薄れ、その時の出会いは普段より運命的に感じられるのだとか。クラス会が終わってから、配偶者が不審な行動をするようになったら、ひょっとすると、浮気しているかもしれませんよ。
追跡グッズという探偵が使うものは 自分で買うことができるかといえば、購入できます。

一般的に、追跡グッズはGPS端末を用いて使用することが多いです。

でも、これは誰でもインターネットなどで購入可能です。

車両に載せてあるGPS端末というのは、車の盗難時に備えてつけておくものなので、誰でも買えるのは当然です。

もし浮気に気づいても、むこうの警戒心が高ければ、自分の手で浮気の裏付けを取るというのは簡単なことではありません。ただ、証拠さえあれば、離婚するしないにかかわらず、有利な展開に持ち込むことができます。

これは浮気しているなと気づいたら、裏付けをとるよう探偵社に依頼すると良いのです。

いくらか出費は覚悟しなければなりませんが、体の関係があると思われるような写真のように、しっかりとした証拠を揃えることができます。たとえ不倫調査という正当な理由があっても、対象に内密に尾行や張り込みなどの調査を行い、そこで得た証拠や情報をクライアントに報告する探偵業というのは違法なのではと不安に思う人も少なくありません。ご心配なく。

探偵業法を遵守していれば違法ではありません。

2000年代中頃にこの法律が制定される前は、探偵業者の業務や契約に関する全国的な法規制がなかったために、業者の違法行為による被害を未然に防ぐべく策定され、現在に至ります。パートナーが浮気をしている気配があって使ったこともない探偵社の中から調査を依頼する先を選ばなければいけない場合、安さを売りにしている業者は魅力的に映るかもしれません。
しかし安さの根拠も定かでない会社は用心したほうがいいです。安い価格からしても粗雑としかいいようがない調査を行っているパターンもあるわけですから、これから依頼するのであれば、その会社の信頼性もチェックしておかなければいけません。
別に不倫の調査なんてする必要がないのではと思われるかもしれません。けれども不倫というのは家庭の根幹を揺るがす問題で、女っ気のない職場環境だろうと無関心でいてはいけません。
取引先や出入り業者など「たまに来る」女性のほうが浮気はしやすいですから。

一緒にいて怪しい点があるときは、不倫の調査に詳しい探偵業者に依頼すれば、無駄に心配することもなくなるわけですし、気持ちの上でも安らかになるはずです。

大事な家庭に不倫という影を感じるようになったら、なにがなんでも探偵を頼むのではなく、そのような業者が行う無料相談を利用するのも手です。
家庭を揺るがしかねない状況に心を痛めている時に、見知らぬところに極めてプライベートな調査を依頼するのは、不安になるなというほうが無理でしょう。
そうした心配を解消するために、良い業者を見極めるためにも無料相談は有効です。
もし不倫をしているなら、相手の妻から、不倫の慰謝料請求が送りつけられてくるのは覚悟しておかなければなりません。

気になるのがその金額ですが、先方夫妻が結婚を継続するか否かで差があります。
仮に離婚せずに一般的ではない多額の慰謝料を要求された際は、直ちに弁護士さんに相談してみるようにしてください。

普通の生活では興信所や探偵を使う機会はないものです。いきなり不倫調査を依頼したいと思ったところで、「ここがいい」なんてアテがないのが当然です。業者は公安委員会に届けを出す必要があり、認められれば営業所ごとに番号が付与されるので、まともに届出を出している会社なのかは、この番号で分かるというものです。
大事なことですので、業者の公式サイトや宣伝広告等に番号を明記しているかどうかは確認しておかなければいけません。どうしても探偵を雇うと料金が高いので、自分ですればいいと考える奥さんもいます。
簡単にできそうに思えますが、それはテレビドラマの話で、実践してみればそうはいかないもので失敗してしまえば尾行は完遂できなくなるので簡単じゃありません。

相手の隙を掴まねばならないのに警戒されてしまえば、本当に浮気していなかったのかわからなくなってしまうこともあります。絶対に相手の尻尾を掴みたいなら、探偵を雇い、浮気調査をした方がいいでしょう。
浮気調査の費用の節約には、事前にある程度自分で調査を済ましておくようにしましょう。難しそうに聞こえてしまうかもしれませんが、実際そんなことはないのです。

パートナーの行動を毎日記録するようにすれば調査費用の節約につながるのです。

毎日、仕事に出る時間、帰ってくる時間、だれかと電話をしているようなら、着信時間と通話時間も記録するようにしましょう。