精神的な苦労への慰謝料

2015年10月30日

子供も小学生で手もかからなくなってきたので、パートに出て、仕事を教えてくれた社員の方(既婚)に誘われ、浮気してしまいました。子供が手を離れるまで、どっぷり主婦をやっていた私は用心が足りず、パートだけにしてはおかしいと、夫なりにすぐピンとくるものがあったらしく、むこうの奥さんと話をして「やっぱり」ということになって、両家ともに離婚。
そして双方が慰謝料を請求されることになり、元の職場にも戻れず、実家に泣きつきました。興信所と探偵社の違いとしては、格別違うところが無いと言ってもよろしいでしょう。
双方とも、浮気浮気調査、身辺浮気調査、他にもストーカー対策、行方不明者の捜索のような違いのない仕事です。

ただ、違いがあるとしたら、興信所は、企業や団体からの依頼向けで、個人は探偵に頼るようです。

浮気の根拠を手にするには、探偵に浮気浮気調査をしてもらうことが最も確実な方法です。

でも、探偵へ依頼すると浮気調査料金も安くはないですから、あらゆる人が簡単に頼むことのできるものではありません。

探偵への浮気浮気調査の依頼は、お値段はどのくらいあればよいのでしょう?探偵社ごとにも料金はまちまちなので、依頼する前には見積もりをお願いするのがよいでしょう。奥さんが夫の浮気の現場に踏み込んでひどい状況に陥るのは、ドラマ・芝居で目にすることも多いです。

夫人の浮気現場にご主人が乗り込むことになると、傷害・殺人まで起きるというサスペンスドラマも少なくありません。

情事の現場へ乗り込むのも1つの方法でしょう。
離婚も辞さない覚悟なら、取っていい行動といえるかもしれないです。

成功報酬制度を持った探偵社に浮気の浮気調査をお願いすれば得をするかと言えば場合によってはそうでないこともあります。普通、成功報酬と言えば不成功な結果となった場合、料金支払いが不要となるので依頼者から考えると得ではないかと思うのです。

したがって、成功報酬の探偵社に特定して、選んでいる人さえいるのす。立ち寄る場所がわかる機械を利用して、良く通っている地域の情報を得て、見張っていれば、待っていればパートナーはそこに行くはずなのですから、浮気の証拠をつかむことができると思われます。

依頼するお金が無い場合には、端末などで調べるのも、様々なやり方の選択肢の一つです。位置がわかる機械が仕込まれていることがバレてしまい、追及される種になることもあります。

浮気の確固たる証拠を提示できない場合、慰謝料の請求や離婚訴訟などでは苦しいかもしれません。

つまり、配偶者の浮気の事実認定を裁判所が拒否する場合もあるのです。そこで物を言うのが、浮気の事実を立証できる証拠の存在です。

誤解で訴訟を起こしたり、クロなのに裁判で認めてもらえなかったりするのは不本意ですよね。

ですから、しっかり浮気調査するほうがいいでしょう。
コミュニティ型のWebサイトを通じて浮気の事実がばれてしまうこともあります。SNSは実名を公表しないので相手も思いがけずに、隠すことなくプライベートについてアップしてしまう事がありがちでは、ないでしょうか。
場合によっては、浮気を裏付けるような記載をネットにアップしてしまう事もあるのです。ユーザー名を知っていたら浮気調査してみて下さい。

不貞の慰謝料の相場は200万円前後ですが、ケースによっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいまで跳ね上がっている場合もあります。離婚しなくても慰謝料を求めることができますが、金額は低いです。

それに、不倫した相手が不倫の事実はなかったと主張する場合には根拠が必要です。どの人からみても明らかな不倫の証拠を用意しなくてはいけません。よくあるサービス業の対価に比べると、不倫浮気調査で探偵を利用するコストはけして安いものではありません。でも、安さ重視で業者を選んでも、不倫の決定的証拠が得られなかったら、無駄遣いもいいとこです。結局のところ大事なのは、探偵社の浮気調査力の高さです。
しかし、高額な代金を請求するところが優秀で良い探偵社であるかというと、素人目には判断がつきかねます。もし配偶者の浮気を見つけてしまっても、騒ぎ立てず、とりあえず対応を考えるために平常心を取り戻すようにしてください。

浮気した相手を再び受け入れることができないのであれば、離婚と慰謝料についても考えておく必要があるでしょう。
面倒でも双方で会う時間を作り、お互いにどんな問題があり、これからどうすべきか話をしておきましょう。どのような服装か確認することで浮気の裏付けをすることもできます。

人が浮気をすると、目に見えて出現してくるのは身なりの変容です。
おしゃれをすることにはそれまで関心がなかったのに、おしゃれを急にするようになったら用心しましょう。今後、浮気をしそうな人がいたり、浮気している人がいるかもしれません。
自分でいろいろするよりは、探偵に浮気浮気調査を頼む方がいいと思います。
専門家である探偵にお願いすると、確実に浮気の証拠をつかんでくれます。

自分で手を尽くして調べてみても、浮気しているということはすぐに調べがつきます。
でも、パートナーを問い詰めても頑として浮気してない、と言い張ったら、離婚を有利な条件ですることは無理でしょう。

そのため、確実な証拠というものが必要になります。

どれぐらいの期間、浮気浮気調査にかかるのかというと、平均では一週間以内です。

覚えておいていただきたいのは、これはあくまでも平均の期間です。パートナーがとても慎重な性格だとなかなか証拠がつかめなくて、1週間から1カ月くらい浮気調査期間が必要になることがあることも覚悟してください。それとは逆に、この日は浮気しそうだという日が特定済みの場合は、1日だけで浮気浮気調査が終わってしまうこともあります。

洋服の好みが変化してきたら、よくない兆候です。
浮気相手の趣味に合わせたものであったり、ちょっとだとしてもセンスの良いところを見せようとしたりしている可能性も高いです。
いきなり、年にそぐわないデザインや色の洋服を選択するようになってきたら、非常に危険です。その中でもお洒落なインナーを身につけるようになったら、浮気をしていることがありえます。相手の不貞行為が判明した場合は、冷静さを失わずにいることはできないでしょう。
しかし激情が通り過ぎたあと、冷静になってきたら、どのように対応するか具体的に考えましょう。だいたい不倫行為は、やったほうが悪いのです。
あなたの胸の内では慰めにならないかもしれませんが、これまでの精神的な苦労への慰謝料は、請求しましょう。
浮気は男性の専売特許のように思われがちですが、浮気をするのは男だけではないでしょう。町内会や仕事先。

子供や自分の習い事。人妻だって出会う機会なら色々あり、ダブル不倫なんて言葉も定着するくらいですので、人妻だからといって浮気しないわけではないのです。

ドラマ等にも後押しされて女性の浮気も増加傾向にあり、旦那様側が探偵に相談するケースもあとを絶ちません。

浮気調査業者を選定するときに気になってくるのが、総コストではないでしょうか。
浮気調査によって代金の相場はないわけではありませんが、依頼の詳細によって変動してきます。
不倫や親子関連の行動浮気調査などでしたら、1時間の浮気調査として、平均的には2万円程度とされています。

相場には幅がありますから、実際に電話で相談して価格を聞いてみるのが最も簡単で、具体的な回答が得られると思います。

依頼された浮気調査だけをきちんとやる探偵ならばいいのではありません。

浮気の実態を浮気調査し始めると、意外な問題が起こる場合もあります。そういう時には、依頼した人のことを一番最初に考えてくれる探偵が信用していい探偵と言うものです。
信頼できる探偵の見分け方は、相談中の相手の印象を見るようにしてじっくり考えて判断をすればよいでしょう。
レシート、クレジットカードを調べると浮気を確定することもあります。

まず、普段は利用しないような毎回、コンビニのレシートを見かけることが多くなったら、いつもその近くに何回も行っている事になります。

その場所で監視していると、運がよければ浮気の瞬間をとらえることが出来るかもしれません。