子供の親権

2015年10月30日

浮気調査機関に依頼したところ、自分の結婚相手の浮気が発覚してしまった場合、離婚するか気づかないままにするのか決めかねますよね。ひとまず冷静になって、浮気浮気調査を依頼してしまうよりも先に、よく考えておくことが賢明です。
法律上、夫婦間に不貞があってはいけないわけですから、慰謝料を支払うよう配偶者とその不倫相手に求め、結婚生活の解消をするのも一つの選択肢です。

よく不倫の末に結婚しても、不幸になると言われますが、結構言い得ているのではないでしょうか。
どう言い繕ったところで自分の幸福のために、他人の幸せをうばうことに呵責を感じないわけですから、たとえ結婚できたとしても、それまでの経緯がいつかはばれるのではと怯えて暮らし、ばれるといけないので旧友も呼べません。
略奪婚の末に入籍までこぎつけても、また同じことが今度は自分にあるのではと考えると、安らかな気持ちには到底なれないでしょう。結婚相手の不倫行為によってダメージを受けた人にカウンセリングを実施しているところもあるそうです。

プロですから心理的な負担がかかることはありませんし、心の傷を癒し、前進していけるのです。

不倫という許しがたい理由で離婚しても異性に距離を置くようになったり、人生に希望を見いだせなくなるといったケースもあります。また、離婚ばかりではなく、配偶者との関係を再構築する際にも、第三者が間に入ることで上手くフォローできます。
離婚を覚悟の上で、慰謝料をちょっとでも多く取りたいと思う場合、浮気の現場を押さえてしまう方法もアリです。

しかし、単独で行くのは、さらに揉める可能性が高いので、できるだけ避けましょう。
あなたが信頼する人と一緒に行けば、頭に血が上って事態を悪化させることがないでしょう。
信頼できる人が同行できないときは、探偵に依頼するのがベストだと思います。
不倫浮気調査はどこも似たようなものと思われるかもしれませんが、それにかかる報酬は業者によってかなりの違いが出てきます。

話を聞いてくれたからと最初の業者に決めてしまいがちですが、多少面倒でも複数の探偵社で見積書を提示してもらう方が、料金だけでなく会社の雰囲気も分かって良いと思います。

あと、ちょっとしたコツなのですが、浮気調査する相手の情報をあらかじめ浮気調査員に細かく教えておくと、浮気調査時間の短縮になる上、請求額も安くつくでしょうし、浮気調査の出来不出来にも影響してきます。どちらに理由があるのかはケースバイケースのようですが、探偵による浮気浮気調査で、請求トラブルに発展することがあります。あらかじめ説明された通りの代金にプラスアルファで高額なオプションが付加されたり、契約を破棄したいというと、依頼者都合によるキャンセル代がかかることがあるのです。あとで後悔しないためにも、契約前にきちんとチェックすることを強くおすすめする次第です。

そのときの説明で納得がいかなければ、違う業者を当たったほうが良いでしょう。配偶者の浮気にピタリととどめをさすには、きちんとした不倫の裏付けをとって、不倫の慰謝料を求めるのが驚くほど効果があるそうです。
浮気している当人たちはゲームのつもりだったり、さほど罪悪感を感じていないケースも多いですから、賠償を求めることで、不倫の罪や現実を思い知らせることができるでしょう。
立ち寄る場所がわかる機械を利用して、良く通っている地域の情報を得て、近くの喫茶店などで様子を伺っていれば、必ず相手はやってくるはずなので、浮気の証拠をつかむことができると思われます。
浮気調査依頼には報酬が必要ですが、ご用意いただけない場合には、端末などで調べるのも、ひとつの方法ではあります。位置がわかる機械が仕込まれていることがわかってしまう事もあります。あなたが浮気の浮気調査をしなくてはならない時がきたら、浮気調査内容によって変わってくることはありますが、浮気調査に行くのは2人程度なんだそうです。
ただ、浮気がまだ推測の段階であるケースでは、まず浮気調査員が1人で浮気であるかどうかを大体の場合は行います。
浮気をしていることがはっきりとしたら、再度、浮気調査員の数などの詳細を決めていきます。

探偵業者に依頼する際に無視してはならないのは、諸経費や料金のことです。ある程度の目安となる料金はありますが、内容いかんで差が生じるのは致し方ないことでしょう。不倫の浮気調査とかでしたら、1セット60分で作業するときの平均は、2万円台と考えておくとよいでしょう。
相場には幅がありますから、直接、業者に価格を問い合わせてみることが時間もかからず、気持ちも整理しやすいのでいいでしょう。

浮気と不倫。違いがあるのをご存知ですか。

不倫とは、当事者の片方ないし両方に配偶者がいるのに、性的な関係を持っていることを言います。

配偶者の不倫に気づいたら、配偶者と浮気相手の双方に賠償を請求することが可能です。探偵を頼んで配偶者の浮気の証拠をおさえ、慰謝料請求を送りつけることで懲らしめを与え、浮気相手とのつながりを確実に断つような利用法も少なくないです。
浮気浮気調査を探偵に依頼したものの、あとになって別途、代金を請求されるというケースがあるようです。驚いたり不審に思う前に、契約時にもらった書類に目を通してみましょう。追加料金について書かれています。

したがって契約書にはよく目を通して理解しなければいけません。疑問に思ったり心配なことがあれば、契約書にサインする前にしっかり確認するのも大事です。行動がおかしいとか、配偶者に不倫の疑いがあるときは、確固たる証拠を見つけると良いでしょう。不倫行為の証拠といえば、やはり、写真や動画など、第三者が見て浮気だと判断がつくものです。自分や知り合いを使って浮気現場をとらえたり、裁判や慰謝料の要求に役立つような裏付け資料を手に入れるなんて行為は、相手に発覚するおそれもありますから、興信所を活用することも候補に入れておくといいかもしれません。着ている服を見て浮気の実証ができます。浮気をすることで、分かりやすく現れるのは今までとは変わった服装です。
お洒落には今まで関心がなかったにもかかわらず、おしゃれを急にするようになったら用心しましょう。
今後、浮気をしそうな人がいたり、とっくに浮気のパートナーがいたりするかもしれません。どの興信所に依頼したら良いか分からない時は、地域の専門性で選ぶのも手です。

相手が都内の人ならその区や沿線に事務所のある業者に限って探してみると良いでしょう。地元に精通していれば、それだけ深い浮気調査ができ、克明な報告を得ることができるでしょう。それに依頼する内容や諸条件によって向き不向きもあるようですし、公式サイトや代表電話などで相談してみるのがいいでしょう。昔はどうあれ探偵社と興信所の仕事はほぼ同一です。

離婚裁判などで配偶者の浮気を請求事由にするつもりなら、確実に浮気した(している)証明というのがなければ立証できず、不満足な結果に終わってしまいます。しかし一般人がプロ並みの証拠をゲットするのは困難ですし、ちゃんとしたノウハウを持った業者に頼むほうが離婚時の精神的な負担や時間を軽減してくれます。仮に離婚しなくても、慰謝料請求の根拠にもなりますし、再発防止に重宝するはずです。離婚すると、不倫していた親のほうは子の親権を奪われやすいと誤解されがちです。倫理的に言うとそうかもしれません。
ただ、裁判所は違う考え方をします。
調整や裁判での子供の親権というのは、生活を共にしているかどうかや子供を育てることに協力的だったかどうかといった点がチェックされます。

つまり、子供の生育に適した環境かを重視して判定するのです。夫婦2人と子供2人(小1、小3)で夫の実家の隣に家を建てて暮らしています。つい先日、夫が不倫をしていたことがわかり、両方の家族同士で話し合った末、最終的に離婚という結論が出ました。
これから女手一つで、この子たちを養っていくのです。
感情的にはもやもやが残りますが、弁護士の方にお願いし、不倫の当事者たちに慰謝料と養育費の請求を行い、それらは公正証書という形にまとめてもらいました。
同一電話番号との連絡をまた、掛けている電話番号があるとしたら浮気相手と連絡をとっているという見込みは大いにあるでしょう。

その後、その電話番号の持ち主を割り出せますね。ですが、気の回るパートナーですと、浮気相手との電話の後には着信や発信の履歴を必ず消すということも忘れずに行っているということもあります。パートナーの不倫の浮気調査を興信所に依頼したあと、むこうが気付くのではないかと不安になるかもしれません。探偵というのは相応の技能と経験を持つプロフェッショナルですから、浮気調査対象にばれるようなことは、まずないはずです。しかし、探偵に不倫浮気調査を依頼することで、依頼人の「態度」に変化が表れたりすると、相手が用心してしまうというケースもあります。

浮気調査完了日までは少なくとも、いつもと同じように生活するようにしましょう。