社内不倫も少なくありません

2015年10月30日

社内恋愛が多いせいか社内不倫も少なくありません。
しかし、もしバレても、会社は私生活面には口を出せないため、セクハラやパワハラの結果でもない限り、解雇は無理でしょう。

けれども、企業には就業規則というものがあり、その中の社内の秩序や風紀をみだす畏れという部分をもってすれば懲戒も可能ですが、ほとんどは言葉だけでの注意であって、処分といえるほどのものはなく済んでいるようです。

自分にとって良い探偵社を見つけようと思ったら、地域性を尊重するのは良いことです。

たとえば探索相手の家や勤務地と同じ地域にある探偵の中から探しましょう。
地元に精通していれば、それだけ深い浮気調査ができ、報告書の精度も上がるでしょう。
それと、依頼内容次第では専門外であったり、むしろ得意なこともあるようですので、あらかじめホームページとか代表電話などで相談してみるのがいいでしょう。スマホユーザーを軸にSNSの利用が伸びているためか、SNSから浮気が露見してしまう場合も増えているのです。配偶者がスマホにロックをかけるようになったり、SNSをしょっちゅうチェックするそぶりがあれば、普段から不倫の交際相手とコンタクトをとっていると考えていいでしょう。

相手がSNSでどのようなそぶりを見せるかは、浮気に気付く材料とも言えます。もし浮気に気づいても、むこうの警戒心が高ければ、不倫の証拠を自分で見つけるのは無理というものです。
しかしきちんとした証拠を握っていれば、不倫関係を解消させるとか、離婚するとかにしても話を進展させるうえで役に立つでしょう。もし浮気の確証がもてるようなら、裏付け浮気調査を探偵に頼むと良いでしょう。

いくらか出費は覚悟しなければなりませんが、浮気相手と出かけているときの写真等、あきらかな証拠が得られるでしょう。探偵社と興信所の違いはなにかと聞かれることがありますが、していることは変わりがありません。相手方の不倫を理由に離婚するなら、あきらかに配偶者が不倫したという証拠が是非とも欲しいところです。

もっとも、素人が考えるほど証拠取りは簡単なものではありませんし、ちゃんとしたノウハウを持った業者に頼むほうが離婚時の精神的な負担や時間を軽減してくれます。

仮に離婚しなくても、慰謝料請求の根拠にもなりますし、再発防止に重宝するはずです。複数の探偵業者が存在する以上、競争というものが発生します。その中で、大幅値引きな価格を提示したり、浮気浮気調査なら一律いくらなどと謳う業者もよく見かけるようになりました。ただし、一見安いように見えてオプション料金が発生する場合もあり、あとになって料金が割高になることもあるので、浮気調査を依頼する前に、納得できるまで説明を聞き、時間とお金を無駄にすることがないよう気をつけるようにしましょう。浮気相手と会う曜日だとか時間帯がわかっていれば、調べる時間が少なくて済むので、浮気調査代金はその分安くなるのです。
だからといって、浮気の日時を把握していても、見知っている人にお願いして写真撮影をお願いすると、多くが失敗するに違いありません。

気づかれずに写真撮影を行うには探偵を雇うのが賢明でしょう。

探偵御用達のツールとしては、過去には無線発信機というものをよく使いましたが、最近の探偵社の多くは更に信頼度が増したGPSを使用するようになり、古い無線発信機に頼っていた頃と比較するとターゲットを見失う危険性が減りました。最新のGPSは正確性で検索速度も高いため、大規模な立体駐車場やガレージ等に入り込まなければ、対象車両の所在はすぐ分かるようになっています。高性能の小型GPSを設置することにより、追尾浮気調査の精確性は大いに向上します。
探偵に頼んでなにが出来るかと云うと浮気の証拠をつかむ事です。

浮気を疑われる様子を相手が見せた場合、自分で証拠を集めようとするでしょう。

けれども、浮気の証拠を自分だけで収集しようと思っても、相手に見つかるという可能性が高いです。
はっきり言ってその理由は、相手があなたの顔を知っているからです。「浮気癖」という言葉があるように、浮気は繰り返すといった常習性のようなものがあるようです。

交際相手とのやりとりが見つかって、謝って一時的に大人しくなるのですが、またしても我慢できなくて浮気する可能性はおおいにあります。

言動から怪しさを感じ取るようなことがあれば、探偵を頼むなどして、ガッチリ浮気の証拠固めをして、お灸をすえてやりましょう。探偵社への支払いは現金だけしか受け付けないというわけではなく、たとえばいくつかの大手探偵社の場合、クレジットカードでの支払いに対応しています。
もし利用明細を見られても気付かれないような表記にしているところも多く、履歴から探偵を頼んだことがバレる心配も要らないでしょう。支払いにクレジットカードを使えるところは、信販会社の審査に通っているわけですし、信頼度のちょっとした目安にもなると思いますよ。

浮気浮気調査というものは、相手と近い関係であるほど尾行自体がバレやすく、さらにはつい感情的になって決定的な証拠を逃してしまう可能性も無視できないでしょう。
その道の専門家である探偵なら、最新の機材や相手に気付かれずに追尾する技術がありますから、シロウトが行うよりずっと上手に目的を完遂することができるはずです。
不倫をやめた原因として一番多いのは、当然かもしれませんが、「ばれてしまったから」です。
とはいえ、自分で浮気の証拠を見つけるのはそう簡単なことではありません。
どうしたって探偵社や興信所等に不倫の浮気調査を依頼するのが効果も高いうえ確実です。

ただ、これは怪しいと気付くのはやはり自分以外にその役目を果たすものはありません。どのような行為をしているか記すことで浮気を実証できる場合もあるのです。日々の人間の行動には、ほぼ決まりができるものです。
ところが、浮気をしてしまっていると、動きの法則性が変化してきます。その曜日や時間帯に着目し、特定することができたら、注意して動きを観察するようにすると、浮気の決定的な証拠をつかむ見込みが増えます。

浮気の根拠を手にするには、探偵に浮気浮気調査をしてもらうのが一番確実です。
ところが、探偵に頼むと浮気調査料金も安くはないですから、あらゆる人が簡単に頼むことのできるものではありません。
探偵への浮気浮気調査の依頼は、金額はいくらほどかかるでしょう?探偵社ごとにも料金はまちまちなので、依頼する前には見積もりをお願いするのがよいでしょう。不倫や素行浮気調査を依頼すると報酬がかかります。気になるその支払方法ですが、名のしれた大手探偵社等ではクレカ払いや分割払いに対応しているところもあります。

早く浮気の証拠が欲しいけれども報酬面が心配というときは、分割OKの事業者を最初から選ぶのも手だと思います。

たとえ不倫浮気調査という正当な理由があっても、本人に知らせずに尾行したり聞き及んだ情報等を第三者(依頼主)に報告する浮気調査業自体、違法なのではと不安に思う人も少なくありません。
今時の業者は探偵業法のもとで営業しており、違法な仕事をすることはありません。この法律が発効されたのは平成19年です。それ以前は興信所や探偵といった浮気調査業者への明確な規制がなく、個人情報を悪用した犯罪や、不適切な営業(契約)などのトラブルを防止するために策定され、現在に至ります。
素行浮気調査や不倫の追尾浮気調査などを探偵に頼むと、刑事ドラマで「あるある」みたいな方法で探索を行うこともあります。

対象に気付かれずに尾行したり、張り込みも行いますし、交友関係を絞っていき、ときには彼らから情報を聴取するなどの浮気調査を行って精度をあげるようにします。

ただ、社内機密といって公表されていない浮気調査手法などもあるのは事実です。再会というのはなんとなく運命を感じるものですが、同窓会などでも禁断の恋に陥る危険性が高いです。憧れの人と話がはずんでしまったり、級友同士ということでお互いが男性(女性)であるといった意識が希薄になり、その時の出会いは普段より運命的に感じられるのだとか。クラス会が終わってから、挙動が怪しいと感じるようなら、限りなくグレーなところにきているのではないでしょうか。

実際、不倫行為にはまっている人は、ウツが多いですね。考えられることは、恒常的なストレスがあげられます。既婚者同士の不倫や、どちらかが結婚している場合、不安やストレスを抱きやすくなるのは当然で、その結果、メンタルや体調に大きな影響を与えるのです。
また、浮気されたパートナーのほうも情緒不安定や不眠などの症状が見られます。