夫の浮気が発覚したのは3か月も前になります

2015年10月30日

私28歳、夫36歳。小2と幼稚園の子供がいます。夫の浮気が発覚したのは3か月も前になりますが、夫婦双方の親同席で相談し、いよいよ離婚という運びになりました。
幼い子どもたちは、これからシングルマザーの私が育てていくわけです。

私の怒りや戸惑いは後回しにして、弁護士さんを頼み、不倫の当事者たちに慰謝料と養育費の請求を行い、公正証書というのを作ってもらいました。

浮気である証拠をカーナビによりつかめます。
みつからないようにカーナビに残っている履歴を確認することで、相手とドライブデートで浮気したところを見つけられる可能性があります。あまり見たことのないところの履歴があった場合、注意する必要があります。
そして、何度ももしもガソリンが入れられていたら、車で会っているかもしれません。

「浮気癖」という言葉があるように、浮気は繰り返すといった始末の悪いもののようです。

不倫現場を見つけられて、たとえその場で平謝りだったとしても、舌の根も乾かぬうちに浮気を再開するかもしれないのです。あやしい素振りを見せたら、探偵業者の力を借りて、不倫相手との交際がはっきりわかるような証拠を握って、決着をつけるべきです。
不倫の結果として生まれた子供でも認知請求することができ、一般的には子供の母親から父親に対して行われます。戸籍上の親の欄に名前が記載され、親として子供を育てたり養育費を払わなければなりません。

子供とその親にとっては大事な手続きでしょう。
なかなか認知されない場合、訴訟を起こされることもあり、浮気の事実があれば否認は困難です。
そんなことになる前にどうにかして浮気を止めないと、今後の人生設計にかなりの不利益を被る危険性があります。
浮気の証拠をとらえるためには、探偵に浮気浮気調査をしてもらうのが一番確実です。ところが、探偵に頼むと報酬がかさむので、誰でも容易に依頼することのできることではありません。
探偵への浮気浮気調査の依頼は、金額はいくらほどかかるでしょう?探偵社ごとにもお値段は違ってくるので、浮気調査の前には見積もりを依頼することが賢い選択です。
一般的に不倫浮気調査で探偵を利用するコストは安いとは言えません。
ただ、安さで依頼したところで浮気してるかどうか「わからなかったです」では、時間とお金の無駄遣いですよね。
大事なのは浮気調査の能力の高さですが、すごい料金をとっていても優秀で良い探偵社であるかというと、難しいところです。

配偶者が不倫していたことが原因で離婚話がうまく進まず、家裁での調停に持ち込まれるケースは少なくありません。

家庭問題に慣れた複数の調停委員が同席して話し合いが行われるため、夫婦やその関係者だけで話し合うより解決に向けて進展しやすいというメリットがあります。あまり怖がる必要はないでしょう。前からなんとなく不倫の兆候があったんですよね。確証が欲しくて、探偵を頼もうとウェブで調べたところ、思っていたより多くの会社があるようで驚きました。何社か問合せをしていくうちに、思慮深く相談にのってくれたスタッフさんのいる探偵会社に浮気調査を依頼しました。
いくら浮気を疑っていても、証拠を見てしまうと、がっくりきました。

不倫行為が露見した場合、慰謝料の支払いが発生することもあります。

不倫行為の証拠があれば、圧倒的に不利な立場になります。
請求額は概ね、2ケタ万円から3ケタ万円と大きな違いがあるようです。自分に払える額でなさそうだったら、分割期間の変更や減額を頼んでみるのも良いでしょう。
浮気浮気調査の依頼をするときには、何人の浮気調査員が必要なのかというと、浮気調査内容によって変わってくることはありますが、2人で浮気調査することが多いようです。ただ、まだ浮気がシロかクロか不明な場合では、浮気をしているかの確認を浮気調査員1人で浮気調査をすることがよくあります。
浮気をしている証拠をつかんだら、再度考えて浮気の証拠を掴むための浮気調査を行う人数などの浮気調査方針を決めることになります。自分で浮気浮気調査はすべきではありません。

その理由は逆上してしまう可能性は否定できません。
どんな人でも、裏切られたことをいざ実感してしまうと自分を見失ってしまうケースが多く報告されています。スムーズに物事を進めるためにも浮気の証拠を押さえるためにも、専門家である探偵に依頼するべきでしょう。
興信所や探偵社などを経営する際は、特殊な免許資格は不要です。そのかわり、探偵業の適正化のために作られたいわゆる「探偵業法」によって、その業務を始める「前日」以前に、所管の警察署を通じて公安委員会に届け出書を提出し、探偵業届出証明書を交付してもらって、許可を取り付けることだけは省略できません。安全のためには無認可の探偵社は選ばないことです。
どの探偵社に依頼したら良いか取っ掛かりが掴めない人は多いと思います。
人が動く範囲は決まっていますから、地域を頭の隅に置いて、ウェブで探してみると候補がおのずと絞れてきます。

ある程度の選別ができたら最寄りの営業所か代表電話に電話して、浮気調査してほしいことを伝えてみると良いでしょう。
現場の人と話をしてみないことには、探偵社の雰囲気すらわからないですからね。
気の迷いで始めた交際から抜け出せなくなって精神的に不安定になり、家庭環境も壊れる。
そんなに浮気は魅力的なのでしょうか。
たとえ夫婦関係が円満でなかろうと、新しい人と再スタートなんていうのは、虫が好すぎると誰もが思うでしょうね。夫婦の間で生じた不満なら、それで解決するわけはないでしょうし、お子さんがいるご夫婦なら無責任もいいとこだと思います。

我を通すあまり周囲が見えなくなっているのです。

きっと後悔しますよ。パートナーの不倫の浮気調査を興信所に依頼したあと、浮気調査がバレやしないかと緊張してしまう人は少なくないようです。

探偵はそれを仕事にしているのですから、察知されることはほとんどないと思っていいでしょう。また、意外なところでは、浮気調査を依頼したことでクライアントの挙動がいつもと変わった結果、相手が用心してしまうというケースもあります。
浮気調査が完了するまでは、何事もないような様子で過ごすことが大事です。
会社にもよりますが、探偵業者の不倫浮気調査には、成功報酬タイプもあることを覚えておくと良いでしょう。

それなら証拠がなければ支払いが発生しなくてラッキーと思うでしょうが、不倫そのものがないのではと思われるときや、普通より浮気調査に時間がかかりそうな場合は受け付けてもらえないこともあるそうです。また逆に成功したときに、かなりの代金を請求されることもあるので注意してください。
探偵は依頼されたことのみを浮気調査すればいいということではありません。

浮気の事実があるのか浮気調査していると、意外な問題が起こる場合もあります。
その時、どれだけ依頼者のことを何よりも先に気にしてくれる探偵が信用できる探偵ということです。

探偵を信頼してもいいか判断するには、相談した時の対応などで落ち着いて決めてください。不倫に関する問題を誰かに相談するなら弁護士に相談することをオススメします。

離婚を望むのか、不倫相手から慰謝料を取ることをのかを考えてから相談するようにしましょう。
また、不倫の証拠を掴みたいときには、探偵や興信所に相談するべきです。女性の場合、近所の奥さまや友人を相談相手にしてしまう人も多いものですが、後で噂になりたくないなら、絶対にいけません。

配偶者に浮気の疑いがあるのなら、すぐに探偵業者に依頼しないで、まずは業者が行う無料相談を試してみると安心ですし、身構えせずに済むのでいいでしょう。裏切られているかもしれないショックで気が動転しているのに、信頼できるかどうかもわからない会社に極めてプライベートな浮気調査を依頼するのは、不安になるなというほうが無理でしょう。そうした心配を解消するために、とりあえず無料で相談し、信頼しても良さそうだと思ったら依頼するのです。

浮気の事実が判明し、慰謝料請求や離婚の裁判をする場合、まず必要となるのは浮気の証拠でしょう。
一例を挙げると、二人の間に肉体関係が強く想定できるような手紙やメール類や、不倫相手とラブホテルに出入りしたときの写真や動画、将来や生活を保障する誓約書なども決定的です。また最近は、スマホのフリーメールやラインの履歴などが不倫行為の裏付けとして認められることも多くなりました。