証拠を握っておいたほうが有利であることは間違いありません

2015年10月30日

探偵に浮気浮気調査を頼むなんて、すぐ離婚するみたいに思われると心配する人もいるでしょう。でも物は考えようで、離婚しない人も多いですし、そう深刻に考えることもないと思います。
不倫をやめさせる、慰謝料を請求する、離婚する。

いずれにしても、その証拠を握っておいたほうが有利であることは間違いありません。
現実を目の当たりにするのが怖いというのであれば、それもありでしょうが、すっきりと解消したい気持ちがあれば、探偵業者に浮気調査を依頼することを視野に入れても良いのではないでしょうか。念願だったパートの仕事。子供が10歳になったのを機に始めたのですが、仕事を教えてくれた社員の方(既婚)に誘われ、浮気してしまいました。長らく子供と家庭だけを軸に、主婦ぼけしてた私の甘さもあるのですが、挙動があやしいと、夫なりにすぐピンとくるものがあったらしく、相手の奥さまと内密に連絡をとられて、両家ともに離婚。

そして双方が慰謝料を請求されるという結果になり、後悔しています。
許しがたい不倫行為を働いたパートナーへの復讐は、家庭での立場や信頼を揺るがせたわけですから、それを「社会的」にそっくり返してやることです。だからこそ大事なのが、手堅い証拠なんです。きちんとした裏付けさえとれれば、もう、思う存分、「報い」を受けてもらうことができます。それでは気が収まらず、浮気相手の勤務先の上司や家族、親族に浮気の事実を知らせる人もいます。

ご近所と付き合えなくなったり職場をやめたりと、それだけのことをしたのなら、しょうがないですよね。興信所と探偵。実は両方とも同じ認可で行われるので、業務内容も違いがないですし、名前のみと考えていただいて良いでしょう。離婚請求の理由として向こうの不倫をあげるのであれば、あきらかに配偶者が不倫したという証拠が是非とも欲しいところです。
もっとも、素人が考えるほど証拠取りは簡単なものではありませんし、きちんとした人材と機材を揃えた探偵事業者にやってもらえば、結局のところ一番ラクに確実に離婚できるのではないでしょうか。

それに、慰謝料請求時にも有効です。

夫が浮気しているところを奥様がつかまえて惨憺たる状態になるのは、ドラマでも描かれることが多い光景です。

ご主人の方が浮気の現場に踏み込んだら、傷害・殺人まで起きるというプロットもサスペンスにはありがちです。

配偶者の浮気の現場に自ら乗り込むのもやり方の1つでしょう。

離婚も辞さない覚悟なら、実行する余地はあるかもしれません。想像がつくかもしれませんが、探偵業で依頼される浮気調査のほぼ8割は、不倫の有無を調べる追跡浮気調査です。
そんな仕事を例に、プロの仕事を取り上げてみました。普通の浮気調査では、勤務先や居住地といった個人情報をベースに、対象の追跡を行います。

四六時中尾行しても気づかれるリスクが高く無駄骨なので、あきらかにクロかグレーの日に狙いを定め、不倫の証拠写真を撮影したりします。
探偵社には浮気調査報告書というものがありますが、業者ごとにスタイルはさまざまです。

ただ、協議離婚以外の、たとえば裁判などで利用する可能性がある場合は、証拠書類として認められるよう、要点を踏まえた質の高い報告書でないと意味がなくなってしまいます。自分が報告書をどのように使用する(予定)か考えた上、探偵社の中でも相応のところに依頼しておけば安心です。会社にもよりますが、探偵業者の不倫浮気調査は、出来高制を採用している場合もあります。
証拠がなければ浮気調査料金の請求もなくて、ラッキーと思うでしょうが、浮気調査対象が浮気しているかどうか微妙な場合や、長期間にわたる浮気調査が必要な場合は受け付けてもらえないこともあるそうです。

さらに、これが一番多いケースなのですが、首尾よく証拠を入手できた際は意外な高額請求になる場合も多いみたいですから注意が必要です。どんなものにも支払いはつきものですが、探偵に不倫浮気調査を依頼する人にとってその料金は、無視することができないファクターでしょう。

探偵業者の多くは無料で相談を受け付けていて、適正な説明と見積りなしには契約に至らないので、大丈夫です。もし、悪質な業者にあたる危険性を危惧しているならば、むこうの事務所の代わりに、人の出入りが多いファミレスやカフェで顔合わせするという手段もあります。
契約の強要といった事態から身を守るための手段です。

運転する人の目につかないところにGPS端末を取り付けておいて、移動の様子を常時監視し、今いる場所をモニターしたり、記録したデータを後から取り出して行動の様子を分析したりします。
車より、徒歩、自転車、公共交通機関などを使う事の多い人なら、身の回り品にGPS端末を忍ばせる、という方法もあります。そうすれば、相手がどこに行ったのかやそこにどのくらいいたのかもわかります。

浮気を浮気調査を依頼する時には、あり得ないほど低い報酬額であったり、逆に高い料金設定であったりするところではなく、明瞭で詳しい料金設定がなされており、追加の浮気調査料を払わなくて済むような探偵社が良いかと考えます。また、探偵業の許可を取得しているのか事前に調べておくべきです。法外な浮気調査をしているところには委託しない方がよいでしょう。
探偵社のなかでも料金が成功報酬のところは、浮気調査に成功したケースでしか報酬を得られないリスクというが大きく、成功した場合はそれなりに高額の料金を請求されます。

その結果として、成功報酬の方が、浮気の浮気調査報酬が安くなるわけではないのです。

どこまで浮気調査してもらえるのか浮気調査内容などもよく確認して、はっきりとした料金システムの探偵社に依頼する方が納得いく結果が得られるでしょう。わけもわからず自分で動き回るよりは、専門家である探偵に浮気浮気調査を依頼しましょう。

探偵にお願いすると、確実に浮気の証拠をつかんでくれます。自分がわけもわからず手当たり次第に調べても、パートナーが浮気していることくらいはわかるでしょう。

しかし、相手に問い詰めても浮気を認めようともしなかったら、離婚を有利な条件ですることは無理でしょう。そのためには、絶対確実な証拠が必要です。

もし貴方が浮気されて、「裏切られた!!」と感じ、慰謝料を請求するほどに怒り、行動するのなら、敵の情報は必要ですし、ムカつくでしょうが、不倫が継続した証明を手に入れなければ駄目です。

もし、貴方がその浮気調査を探偵に任せるのであれば、不倫の証拠をプロならではの手段と方法で、鮮明に写しだしてくれるでしょうし、裁判では、貴方の気分をスッキリさせてくれる材料を整えて貰えます。

配偶者の不倫に気づいても、相手が警戒しているときは、自力で浮気の証拠を押さえることは、至難の業です。でも、浮気の確たる証拠があれば、浮気封じ、離婚、慰謝料とうまく話を進められるので、けして無駄にはならないはずです。もし浮気の確証がもてるようなら、探偵を雇って浮気調査してもらいましょう。お金はかかるものの、二人で一緒に写っている写真や動画といった、あきらかな証拠が得られるでしょう。

一般に、探偵が尾行するのにいくらくらいかかるかと言うと、浮気調査員が何人かによっても違いますが、1時間あたり1万円から3万円くらいです。当然のことですが、浮気調査員が1人であれば安く、多ければ多いほど高くなります。

そして、尾行時に車とかバイクで行う場合、交通費や車両費として別途請求されることがありますので確認が大切です。探偵社浮気調査を依頼し、浮気の証拠を押さえる手段も良いと思います。配偶者が浮気をしているのではないかという疑いをもった場合、まず自分自身でなんとかしようと行動すると思います。しかしながら浮気の証拠を自力で集めようと思っても、相手に感づかれてしまう可能性が高いです。
なぜでしょう。答えは簡単で、あなたの顔を覚えているからです。不倫の理由にしばしば挙げられるのは、単調な結婚生活が嫌だったといった、利己的でなければ言えないようなものです。
また恋愛対象になってみたいという気持ちが結果的に浮気という形で出てくるのです。

浮気を未然に防止するために、お互いの話に耳を傾け、何が不満なのかを確認しあうのも大事です。
浮気浮気調査でなにより大事なのは、本当に相手が浮気しているかの浮気調査です。
浮気しているか否かが不明瞭な場合は一度、浮気浮気調査を続けるか決める必要が出てきます。浮気調査により浮気が確定した場合に、浮気相手が誰か? を浮気調査する段階となります。主にパートナーの尾行を中心として、怪しまれぬよう監視を続け、浮気相手の素性を確定させるのです。結婚相手や婚約者の不倫に気づいた女性が浮気調査依頼のために探偵の元を訪れるとかいう設定は、レディコミやドラマでも時々見かけます。素人が探偵と一緒に行動するシーンもあって、自分でもできるような気がしてしまいますが、浮気調査対象が用心している場合などでも秘密裏に追跡したり写真を撮影することは、非常に難しいです。
先方にバレては余計なトラブルに発展しかねませんし、探偵の仕事はプロに一任したほうが良いでしょう。